トップページ » ニュース » 2018年09月

NEWS 2018年9月3日

2018年度「健康体育」学習会 第4回終了

NPO法人 日本幼児健康体育協会は、乳幼児の心と体をたくましくしなやかに育てるための
「健康体育」指導を行っています。

第4回目のテーマは、
縄を使った運動あそびです。

●短縄あそび

短縄あそびは、縄に親しむことから始めます。
手も足も使いましょう。跳躍運動は、最終目標と考えて良いでしょう。
手の機能は「握る→つまむ→ねじる」と発達していきますが、
短縄あそびは、その全てに対応できる遊具です。

●長縄あそび

長縄あそびは、集団での跳躍が代表的な遊び方ですが、自分自身で操作するのではなく、
自分の動作を縄の動きに合わせることが特徴です。
長縄は、持ち運びしやすく、1本あれば、多くの遊びができますので、
集団での遊びを楽しむ際に便利です。

学習会風景ビデオ