トップページ » ニュース » 2019年07月

NEWS 2019年7月29日

2019年度「健康体育」学習会 第3回終了

NPO法人 日本幼児健康体育協会は、乳幼児の心と体をたくましくしなやかに育てるための
「健康体育」指導を行っています。

今年度の学習会、第3回目のテーマは、
ボールを使った這い這い運動あそび

ボールあそびというと、ドッジボールやバスケットボール、
サッカーなどのようなゲーム化されたものを想像する方が多いと思います。
しかし、これらは幼児のあそびとしては、高度な技術が必要です。

健康体操では、このようなボールゲームであそぶ前段階として、
手の平、足の裏、足指、腹、背中、尻など全身を使って、
ボールに触れることを大切にしています。

また、ボールあそびは目の動きにも大きく関わっていて、
自発的判断、空間認知能力などを養うことができる、道具となっています。

学習会風景ビデオ