トップページ » ニュース » 2018年06月

NEWS 2018年06月

2018年度「健康体育」学習会 第2回終了 (06/29)

NPO法人 日本幼児健康体育協会は、乳幼児の心と体をたくましくしなやかに育てるための 「健康体育」指導を行っています。 第2回目のテーマは、 マット・跳び箱を使った運動あそび マットは柔らかい床としての使い方と遊具としての使い方があります。 跳び箱は、高さのある道としての使い方もできますし、通り道の途中にあれば、 登って降りるという障害物としての使い方ができます。 マットや跳び箱を使って、手先、足先、腕、脚の使い方とそれに伴う全身の使い方を 乳児期から経験させたいものです。 .photo_gallery{ padding-top:20px; } .photo_gallery a { float:left; margin:0 0 15px 15px; } .video_gallery video{ float:left; margin:0 0 15px 15px; } 学習会風景ビデオ      

第42回 子どもの健康づくり研修会のご案内 (06/13)

長年この仕事をしていて、今も迷うことがある。 生を受けてからの、一番大切な、一番変化の大きい六年間を生きる子どもたちに、体育指導者としての私ができることは何か。この時期を逃さずに、やらねばならないことは何か。 跳び箱を跳べるようにすること? 逆上がりをできるようにすること? 長く歩けるように?速く走れるように? 間違いではない。でも、一番ではない。 私は三人兄弟(弟・妹)の中で、一番体が弱かった。両親には心配をかけ、手をかけてもらった。 一番体の弱かった私が「健康体育」の指導を父親から受け継いでいる、というのもおもしろい。 子どもたちには、心も体も、たくましく、しなやかに、ヒトとして自分の人生を生き抜く力を身につけてもらいたい。 それは、速く走ることでも、高く跳ぶことでも、誰かを打ち負かすことでもない。 それらは生きていく手段となるかもしれないが、目的ではない。などと、平成最後のゴールデンウィークに一人、思いを巡らせています。 さあ、今年も夏の研修会の準備が始まりました。 会場は、社会に沢山の保育士を送り出している「秋草学園短期大学」です。 夏の一日、広い体育館で一緒に体を動かし、汗を流し、学び合いましょう。スタッフ一同、お一人でも多くの方のご参加をお待ちしています。 NPO法人 日本幼児健康体育協会 代表 池田 意都子 テーマ 子育てに健康体育を 〜ゆるぎない二足歩行獲得の為に サブテーマ 体の中の物語を知る 日時 2018年8月27日(月) 9時30分より受付 会場 秋草学園短期大学 埼玉県所沢市泉町1769 西武新宿線「新所沢」駅西口または 「航空公園」駅西口より徒歩8分 実技指導員 宮田 晶子 北洞 誠一 桑村 武志 田村 真理子 野村 隆 伊藤 路奈 大高 綾子 髙橋 隆子 参加費 7,500円(テキスト・短縄代含む) ※ 学生の参加料金は割引になります。ご相談ください。 ※ 参加費は返金できませんが、参加者の変更は構いません。 ※ 領収書は当日お渡ししますが、早めに必要な方はご連絡下さい。 申込方法 別紙申込書にご記入(1~8)の上、郵送またはファックスでの送信をお願いします。 お申込みいただいた方に、ご案内と参加費の振込用紙をお送りします。 (6月下旬以降順次) 申込書はこちら お問合せ先 NPO法人 日本幼児健康体育協会 [...]